FX海外口座の種類

FXの海外口座にはどのような種類があるのでしょうか?

取引する金額に応じて、いくつかに分かれている場合もあります。

 

・お金を使わずにFXの練習するデモ口座。

・千ドル単位のマイクロ口座。

・Ⅰ万ドル単位のスタンダード口座。

・レバレッジを大きくできるプロ口座。

 

大きく分けるとこんなイメージです。もちろん会社ごとに違いはありますが。

基本的にはスタンダード口座を選んでおけば、どこの会社でも問題ありません。

取引金額の違い

取引金額の違いで口座が分かれていますが、それ自体はあまり意味がありません。

各社のスタンダード口座でも、千ドル単位の少額取引ができるからです。

 

マイクロ口座なら十ドル単位まで下げられますが、ほとんど増えも減りもしなくなってしまいます。

リスクとリターンを体験するなら、千ドル単位で十分ですよ。

金額の違いによる差

千ドルや十ドルと言っても、イメージしづらいですよね。

どれくらい違うのかもう少し具体的にしてみます。

 

例えば為替レートが1円動いたとします。

分かりやすく1ドル100円が、101円になりました。

 

買っていたなら1ドルにつき1円の利益。千ドルだったら千円の利益になります。

これが10ドルしか買っていなければ、利益も10円です。

 

取引を初めて見ると分かりますが、1円の変動はかなりの影響があります。

スタンダード口座なら初期設定は10万ドル。1円の変動で10万円です。

 

さすがにこれは怖いですよね。

 

だからこそ慎重にもなります。10円しか影響がなかったら、この怖さがありません。

緊張感がなかったら練習にもならないでしょう。

 

千ドル単位だと緊張感も経験できるし、上手くいったときにはそれなりの利益になります。

リスクとリターンのバランスが良いのは、千ドル単位だと思います。

 

千ドル単位でも怖いと思う人は、まずは千ドルだけで取引しましょう。

 

実際に取引を始めると次々に注文を出したくなります。

それをしないで最初の千ドルを決済するまで、次の注文はしない。

これを徹底すれば資金が無くなることは、ほとんどありえませんよ。

© 2022 海外FX rss